バロメーター

電子書籍

 ゲームはパッケージ派からDL派に移行したという話はずいぶん前にしましたが、本もこれから物理書籍から電子書籍に移行しようかなと考えています。移行しようと思ったきっかけはスマホで本を読める利便性と家の収納スペースの都合。私が本を読む場面が多いとしたら通勤中(電車)なので吊革につかまりながら読めるスマホと相性が良いですし、何よりもう我が家にはこれ以上本を置く場所がない(深刻)。

 ただ決心がつかない所もありまして、1つ目は電子書籍ストアが多いので管理が逆に面倒くさくなりそうというのがあります。例えば1つの巨大電子書籍ストアがあってそれ一つで全ての本をカバーして管理できるのなら楽ですが、ストア毎にこの本は独占販売していたり○○のジャンルは取扱が少ないみたいなのはあるみたいなので、ここには○○が無いから……で一々アカウントを増やすのは嫌だなあと思います。

 2つ目はサービス終了した場合のリスクが大きすぎること。サービス終了しても基本的に端末内に保存している書籍は引き続き読むことができるみたいですが、再ダウンロードはできなくなるので故障やOSの更新で読むことができなくなったら終わり、直接的なデータの移行も書籍データはダウンロードした端末と紐付いているみたいなので移行できないストアが多いみたいです。

 サービス終了した場合の対応としてポイントで返金や他社ストアに引き継いで読めるというのもあるみたいですが、電子書籍の市場規模が大きくなればなるほどそういった対応も難しいと思いますからねえ。そうなるとサービス終了しないであろうと予想して大手の会社から選ぶしかないですが、それも10年20年経っても続いているとは限らない。

 長々と欠点ばかり語りましたが、正直最初に挙げた「スマホで読める」「収納スペースを使わない」の2つのメリットが大きいので移行してもいいかなあと思っていますw 電子書籍も買った書籍を専用リーダー通さずzipファイルでダウンロードしてpngやpdf形式で解凍できれば問題ないんですけどねえ、データ複製や違法アップロードが安易になってしまうので難しいと思いますが。

スプラトゥーン2 その30 オクトエキスパンション

35654462_212658119456456_1405362953368109056_o.jpg
 DLCであるオクトエキスパンションが配信開始されたので買いました。
 元々DLCは買わないタイプでしたがイカは1年くらいお世話になってるし良いかなという気持ちです。

36335666_219839612071640_45959019105353728_o.jpg
 タコを操作するという点以外はステージクリア型のヒーローモードと基本的に同じ。違う点としては全てのステージをクリアしないとボスステージが解禁されないヒーローモードと違い、オクトエキスパンションは4つの目的のアイテムを見つける攻略の道筋をある程度選べるということ。

 ステージの中にはかなり難易度の高い物もありますが、あえてそれを避けて簡単なステージに回り道することもできますし、最終手段として"ステージをクリアしたことにして"次に進めることもできる。クリアしたことにするのはやりませんでしたが、これクリアするの相当コンティニューしないと無理でしょ、ってステージはいくつかあったので飛ばしました。

36312994_219840668738201_675361440969785344_n.jpg
 ステージにはクリアに必要なお題があります。常時ジェットバック状態で進んだり時間内にクリアを求められたり、ボールを落とさずにクリアしろなど様々。一つのステージの長さは程々でブキも予め指定された物を使うのでテンポが良い。収集要素もないのでクリアだけに集中できるのも素晴らしい。

36331122_219840422071559_3026905951639699456_o.jpg
 クリアしてタコちゃんが使えるようになります。
 カワイイヤッター

 一人用モードだったので期待値は低かったのですが中々面白かったです。難易度もやりごたえありましたし、ニュースを伝えるだけだったヒメとイイダにも活躍の場が与えられて掘り下げられていました。タコガールも少し大人びた感じがとても良いです、良い。

ELEAGUE グループD 結果

 アメリカで行われている招待制トーナメント「ELEAGUE」のグループ予選Dの結果について。

bandicam 2018-06-25 16-06-28-657

 1位通過はウメハラさん! おめでとうございます!

 死のグループと言われるほど強豪が集まっていたグループDですが、総当たり予選は4勝1敗の2位通過、本戦を掛けた決勝トーナメントはInfiltration選手と藤村さんに3-2という接戦の末に勝利するというキレッキレのウメハラさんを観れて面白かったです! 特に藤村さんは1位通過の最有力選手で総当たり予選ではウメハラさんを倒して5勝0敗という成績だったのでこれは無理かなと思っていましたが決勝トーナメントでEXサマソを当てまくってリベンジしたのはかなり熱かったですね。

 ウメハラさんも個人配信で語っていましたが、リュウを諦めてガイル一本に絞った最初の大会が去年の「ELEAGUE」で、その時は何とか予選を抜けれるレベルでしたが、この1年でよくここまで仕上げられたなあと本当に思います。画面端に追い詰められた時のしのぎが動画勢の目から観ても明らかに良くなっていますからね、通常技の使い分けが格段に上手い。

 本戦の組み合わせは以下のように。
 [W] ときど vs Punk
    Problem X vs ウメハラ

 [L]どぐら vs ももち
   Smug vs 藤村


 Problem X選手はベガ使いなのでウメハラさんがどこまで対策をしてくるかが重要ですね。そして勝ち抜けたとしてもときどさんかPunk選手というボスラッシュ、やはりグループリーグを抜けた人はヤバいやつしかいない。

ファイアーエムブレム 風花雪月

bandicam 2018-06-25 22-02-50-428
 遂に明かされたファイアーエムブレムの新作について。

>グラフィックの進化と世界観
bandicam 2018-06-25 22-02-54-629
 初のHDで描かれるFEともあって流石に綺麗。世界観も中世ファンタジーでマス目上に配置されたユニットを操作するというFEらしさは失われていないので安心しました。"アタリマエ"を見直して方向転換した作品もありますがやはりFEの根底であるSRPGは変わってほしくない。

>集団戦?
bandicam 2018-06-25 22-03-06-733
bandicam 2018-06-25 22-03-18-022
 今回のPVで一番気になった部分。ユニットが複数の兵士を連れて攻撃を仕掛けるという演出。FEの主人公は時には数千人の兵士を率いて戦うこともありますが、ゲーム上ユニットとして操作できるのは精々20名程度だったのでモブ兵士が可視化されたことでより戦いに臨場感が出そうです。

 ただの演出だけとは考えにくいので戦闘システムにも関わってきそうですね。陣形を変更してステータスに影響を与えたり、新ステータスに"統率力"みたいなものが増えてもおかしくない。

>戦闘コマンド
bandicam 2018-06-25 22-17-34-832
 敵と隣接した時のコマンド表示。魔法と戦技があるので戦闘システムのベースはEchoesに近い感じになっていそう。戦技は特定の武器を使い続けると特有の必殺技を身につけるという仕様でしたが、あれは一度メイン武器を決めてしまうと中々変えづらくなってしまうので普通にLvUPや武器レベルの向上とかで戦技を習得できるようにしてくれたら嬉しい。

 そして新コマンドの"陣形"、これはやはり先程書いた兵士の隊列を変更させてステータスに影響を与える何かでしょうね。

>主人公と三人の若者たち
bandicam 2018-06-25 22-03-30-769
 トピックスで書かれている主人公はエーデルガルド、ディミトリ、クロードという三人の若者に出会うという一文について。恐らく主人公はPVにも度々出てきたベレトという剣士(マイユニ?)、エーデルガルドから「いい機会だわ、先生、あなたが指揮を取ってくれる?」というセリフや主人公から斧術や剣術を教わろうとするシーンがあったので、主人公と若者たちの関係は講師と生徒の可能性が高そうです。歴代FE主人公の中でも珍しいポジション。

 三人が物語で重要なカギを握るという点では、過去作で例えると烈火に近いのかなと思いました。


 という訳で今回はここまで。目標だった年内発売に間に合わなかったのは残念ですが、時間を掛けてでもしっかりしたゲームになっていてほしいです。

RAGEスト5オールスターリーグ 第1節~第5節

 6/5からスタートしたストⅤの3on3のリーグ戦について。CAPCOM CAPの日本人選手上位6名(ときど、ネモ、藤村、板ザン、もけ、ウメハラ)がチームリーダーとなり、それぞれドラフトで獲得した2名とチーム組み総当たりを行う。賞金総額はなんと1000万円。

 ドラフトによる最終的なチーム構成は以下の通りに。
・ときどチーム(ふ~ど マゴ)・ネモチーム(ストーム久保 かずのこ)
・藤村チーム(ももち MOV)・板ザンチーム(まちゃぼー ガチくん)
・もけチーム(ハイタニ どぐら)・ウメハラチーム(sako ボンちゃん)

 ウメハラさんとときどさんの両者が同じふ~どさんとマゴさんを指名するもクジ運の悪さで尽くときどさんに持っていかれてたのが面白かったです。

topic-05913-2b.jpg
 暫定一位はウメハラチーム、対して最下位は前評判では優勝候補と言われていたときどチームという結果に。

 ときどさんはマゴさんという爆弾を抱えているものの自分とふ~どで2勝を取り続ければ勝てるというコンセプトでしたが、想像以上に二人が苦戦を強いられ勝ち点を得られなかったのが誤算になっていますね。対してウメハラチームは個々の成績がかなり安定しているので誰かが負けても他の二人が勝ちに繋げてくれるという場面が多く安心感がある。ウメハラさんも個人成績が13勝7敗でチームの勝利に大きく貢献しているのが嬉しい。

 とはいえまだ前半戦。後半戦でもう一度総当たりを行った最終結果の上位3名が決勝トーナメントに進めるのでどのチームにもチャンスはあります。ときどチームはボロボロだったマゴさんの勝率が徐々に上がっていますし、藤村チームも第3節から3連勝で上り調子ですからね。 

 この大会予想以上に面白いのでかなりの楽しみになっている。試合中にチーム内のアドバイスや応援の声をしっかり拾ってくれるのでチーム戦ならではの会場の雰囲気を感じられるのが良いですね。チーム戦の総当たりというのも中々珍しい、国別5on5とかやったら絶対盛り上がるだろうなあ。

プロフィール

シャキ

Author:シャキ
こんにちは

最近の趣味(18/3/30)
ゲーム
ゼルダの伝説BotW
スプラトゥーン2
ポケモンUSUM
大逆転裁判


アニメ
ポケモンS&M
ダーリン・イン・ザ・フランキス


その他
大会観戦(ストⅤ)

過去に投稿した動画
非想天則リンク
MUGENリンク
ウルⅣリンク

つぶやき

カテゴリ

最新コメント

ユーザータグ

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

Tenco